簡易生命保険契約の契約変更はどうなるのか? 郵政民営化後のかんぽ(簡保)早わかりQ&A

2007年09月15日

簡易生命保険契約の契約変更はどうなるのか?

民営化時に簡易生命保険法が廃止されるため,民営化後は,簡易生命保険契約に加

入することはできません。

従って,民営化前に加入した簡易生命保険契約の保障内容を大きくする契約変更も

できなくなります。

なお,財形住宅貯蓄保険,財形年金養老保険及び財形終身年金保険は除かれます。




























契約変更ができなくなる主なもの


保障内容の変更
変更増額,同種増額,保険期間の延長,

保険料払込期間の延長,介護割増年金額の増額




●特約の変更
同種増額,種類変更,種類変更増額




●特約の追加
・特約を付加していない基本契約への特約の付加

・既に付加している特約とは異なる特約の付加




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55793488

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。